衝撃的な購買体験を与える方法

 西野です、

 先日は、メンタークラブ対談をご覧いただき、本当にありがとうございます。9500人以上の方が登録してくれて、大きなキャンペーンとなりましたね。そもそも、自分がその対談動画に出演できたことが、凄く嬉しいです。そして今日は、お礼も込めて、あなたの利益を倍増させるコンテンツを1つシェアしたいと思います。

 これは先日の出来事。私は、ここ2年近くですが毎朝、全く同じ食事をしています。具体的には、

・おにぎり1個
・生野菜サラダ
・鶏肉ささみ
・キムチ
・納豆1パック
・生卵

 このメニューを、1日も欠かさず、毎日食べています。なぜこのメニューにしているのかと言いますと、脳のクウォリティを最大限まで高めたいからです。

 「飽きないの?」と彼女にも言われますが、これは飽きる飽きないの問題ではなく、私にとっては呼吸と一緒です。「あ~、呼吸するの飽きたなぁ」なんて言う人はいないですよね..上の朝食メニューを見て頂くと分かりますが、これを食べていたら、絶対に太りません。むしろ、どんどん痩せていくんです。

 そして先日、先輩Sくんの結婚式の時に、数年ぶりに友人たちとたくさん会いました。そこで、みんな揃って必ず第一声が、「痩せすぎじゃね?」だったんです。確かに、以前はバカみたいに2日に1日、バルクアップしていたので、その頃から比べたら、明らかに激やせです。なので、私はもうネタみたいに、「そう、シャブで痩せちゃうんだよね」と返していたわけですが、内心は悔しかったわけです。やっぱり男としては、たくましくいたいじゃないですか。それが凄く嫌で、「よし、太ろう」と決意をしました。

思い立ったらすぐ行動!

 そして早速、私はAmazonでウェイトアップ用のプロテインを購入したんです。そして昨日、購入したプロテインが自宅に届きました。ダンボールを開けて、プロテインの袋のコピーをガン読み。ここでレッスンがありました。それは、、『このプロテインが他とは違う最高な理由』というコピーが書かれていたんです。

 内容はというと、チョット具体的な事は忘れちゃったんですが、とにかくこのプロテインが他のよりも素晴らしいという根拠が書かれていたんです。私はそれを読んだ時に、「良い買い物が出来た」と思えました。つまり私は、数あるプロテインの中から、「このプロテインにしよう」と、レビューを見ながら選んだのですが、その選択が正しかったんだ、と思えたんです。ですから、一瞬にして私はそのプロテインのファンになりました。まだ1口も飲んでいないにも関わらず、です。

商品よりも"体験価値"が重要

 ここがかなり重要なポイントで、実際にそのプロテインの効果があるなしに関わらず、『自分の行動が正しかったんだ』と思えた事に、計り知れない“価値”を感じたんです。これは全てのビジネスに応用できますよね。

 私がよく使うのは、ワンタイムバックエンドのときです。ワンタイムとは、決済完了後ページですぐにオファーをかける手法です。お客さんは、商品を購入した直後、少し不安な気持ちになっています。「本当に正しい選択だったのだろうか」と。なのでそこで、ワンタイムオファーのレターで、お客さんが購入した事を正当化してあげます。「あなたは正しい選択をしました」とか、「これであなたは理想を手に入れられます」的な感じで。すると、ワンタイムのバックエンドのコンバージョンがガツっと上がります。

 他には、ウェルカムコンテンツなどにも使えます。いや、使うべき、というべきかな?例えば、自分の講座やプログラムを購入してくれた時に、すぐに商品を渡すのももちろん良いと思います。でもその前に、まずはウェルカムコンテンツを一発はさむ事で、顧客ロイヤリティが上がります。

 私が以前、販売したプログラムでも、まずは商品の前にウェルカムコンテンツを提供しました。あるいは、筋トレ教材のハイバックエンドを購入してくれた人にも、友人に出演してもらい、ウェルカムコンテンツの動画を送っています。そうすると、お客さんの購買体験をさらに素晴らしいものに演出できますし、商品から受ける体験価値も上がるんですよね。

ウェルカムコンテンツで顧客ロイヤリティを向上

 「ウェルカムコンテンツって何ですか!?」って言うと、、例えば、プログラムや商品を購入してくれたお客さんに、

・これからあなたが理想を実現するために具体的に踏むステップ

などを解説したテキストや音声、動画コンテンツです。よく、高額な塾やスクールに入ると、『入学式』みたいなものが開かれますよね。その入学式で、「これからあなたが手に入れるもの」みたいな感じで、未来の姿を想像させるような話をしたりします。それが、『ウェルカムコンテンツ』です。

 これを受けたお客さんは、自分の行動を正当化できるだけでなく、ビジネスにとって絶対に欠かせない、『ワクワク感』を与えることができますよね。お客さんの選択(購買活動)を正当化してあげる事で、体験価値をさらに上げる事ができます。

たった1つのコピーで全てが変わる

 私が買ったプロテインは、Amazonでも1番レビューが最高だったのですが、納得の結果です。袋のコピーでお客さんを正当化している
うえに、このプロテインが開発された秘話のストーリーも書かれています。久しぶりに、『美味い!』と衝撃を受けました。とは言っても、まだ1口も飲んでいないので、味はわからないんですけど、、

 でも、こういった前提の体験があるので、きっと脳が美味しいという錯覚を起こすだろうと思います。面白いですよね。人間の味覚は、その時の体験だったり環境、状況などによって変わります。だから、袋のコピーがあるないだけで、味が劇的に変わりますよね。本当に、このプロテインには一本取られました。

 というシェアでした。また何かあったらシェアしますね。あなたの参考になれば幸いです。

西野之啓

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*